ジャグラー 攻略 トップ > ハマってきたら

ハマってきたら

パチスロにハマりはつきものです。
さっきまで調子良く出てきたのに、急にハマりだした。
そういった時はいくら高設定っぽい台でも一度離れるのも手です。
人間の心理状況として、ハマってもここで離れたら他の人に取られてしまうという心理がほとんどの人に働くと思います。
パチスロをやっている以上それは避けられないものなので、重要なことは「自分が勝てるか」だけを考えるようにしましょう。
せっかくジャグ連で出したコインも1500枚程度であればピエロはペロっと飲み干します。
後々、あの時換金しておけば良かったと思うことのないように、地道にコインを流してレシートにして取っておきましょう。
大事なことは完全確立である以上、「もう1万円入れてるから次の1000円で出るはずだ」などの理屈は通じないということです。
光るかもしれませんし、光らないかもしれません。もしかしたら1000までハマる可能性だってあります。
ハマっている台にずっと付き合っていると、自分もだんだんと冷静さを失ってどんどん投資していってしまうので、自分の中で100まで回して光らなかったら移動するなどルールを作ることが重要です。


ハマりには打つリズムを変えて対抗しよう

ジャグラーはノーマルタイプなので、完全確率です。なので、ハマっている場合はボーナスのフラグのところを叩けていないということになります。
そういうときは、半分オカルトにもなりますが、打つリズムを変えてみるのもオススメです。
例えば通常時の自分が打つタイミングが「タンタンタン」とすると、
「タン・タ・タン」とか「タ・タン・タン」とかで打つようにします。
半分冗談ですが、半分真面目に言っています(笑)
打つときのリズムを変えることによって、レバーを叩くタイミングが今までと変わってくるので、リズムを変えると光ることが結構あります。
通常時、順押しだったのが、たまに逆押しして光ったってことを経験した方も多いんじゃないでしょうか。

AD


ページのトップへ